田舎に移住 ✕ ICTでゆるゆるスローライフ

元システム管理者の備忘録

*

NASにアクセスできない時にトライしてみる2つのこと

      2015/05/15

スポンサーリンク
Nas dont access

今まで使えてたのに!急にNAS(うちではLANDISKを使っていました)にアクセスできなくなってしまいました。原因はおそらくWindows8・・・。新しく買ったPCだけが繋がらないのでほぼ間違いないでしょう。

NAS自体が壊れていない限り下記の2つの方法でアクセスできるようになるはず!Windows8だけでなくWindows7も同様のやり方でつながることを確認しました。

①NASのファームウェアアップデート

まずはこれです。

OSやソフトのアップデートは自動でやってくれたり、通知が表示されるので実行されている方が多いのではないかと思います。

でも、ルーターやNASのアップデートってそんな頻繁にやるもんじゃないですよね?

お使いのNASのページにアクセスしてお使いのOSに対応した最新のファームウェアがリリースされていないかチェックしてみてください。もし見つかれば、アップデートを行うとアクセスできない現象が解決するかもしれません。※必ず事前にバックアップを取っておきましょう!

ちなみに、僕の環境ではNASが古すぎてアップされているファームウェアはWindows8どころかXP止まりでした。逆に今までよく接続できていたな、と・・・。

②ローカルセキュリティポリシーの設定を変更する

①でだめならローカルセキュリティポリシーをいじりましょう。普段なかなか見ない画面なのですが、手順を追って設定すれば大丈夫です!

1) コントロールパネル → システムとセキュリティ → 管理ツール → ローカルセキュリティポリシーを開きます。
管理ツール

2) ローカルポリシー → セキュリティオプション → ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベルを開きます。(真ん中らへんにあるはず)
ローカルセキュリティポリシー

3) 認証レベルを選択する。下に行くほど厳しくなっていきます。まずは「NTLM 応答のみを送信する」で試してみて、それでもだめなら一つ上へ・・・というようにするのがよいでしょう。LANManager認証ポリシー

4) 設定変更後、再起動を行いNASへアクセスしてみてください。

どうですか?つながりましたか?

僕の環境ではNTLM応答のみでアクセスできるようになりましたが他のレベルじゃないと接続できない環境もあるみたいです。

セキュリティレベルが上ったのでアクセスできなくなった

なぜ、こんなことをしないといけないかというと、デフォルトのセキュリティレベルが上がったため。

今まで使っていたNTLMやLMが危険なので標準でNTLMv2という設定になっているというのですが古いNASの場合NTLMv2自体に対応していないためアクセスができない現象が起こっているようです。そこで、Windows7や8のセキュリティレベルを下げてNASに合わせるというわけです。

これで接続ができるとは思うのですが、やはり安全面を考えるとNTMLv2に対応したNASを購入するのが安心ですね〜。

スポンサーリンク

 - PCサポート

ad1

スポンサーリンク

ad1

スポンサーリンク

  関連記事

USBマウスやキーボードが動かなくなったら試してみること。

スポンサーリンク ①ドライバーを用意します。 ②ネジを外してケースを開けます。 …

airdrop.jpg
AirDropが表示されないからファイル共有ができない時の解決方法

スポンサーリンク AirDropが表示されない! iPhoneやiPad、Mac …

xperia-battery0.jpg
Xperia ZL2が急にバッテリー0%になりシャットダウンしてしまう原因と解決法

スポンサーリンク 購入して1年ちょっとになるXperia ZL2ですが、ここのと …

Chromeリモートデスクトップが接続できない時に確認すること。

スポンサーリンク   Chromeリモートデスクトップ、便利ですよね〜 …

wifi.jpg
MacにてWifiのリンク速度を一瞬で確認する方法

スポンサーリンク 先日、なーんかネット接続が遅い&途切れるという現象に遭遇しまし …

MacBook Airでマルチディスプレイをしてたら、急に表示されなくなった件。

スポンサーリンク   普段は持ち運びしているMacBook Airです …