淡路島に移住して田舎暮らし ✕ ICTでゆるゆるスローライフ

元システム管理者の備忘録

*

台風の時は買いだめするよりも避難袋をチェックしたほうがいいと思う理由

      2015/01/27


Photo:Typhoon Neoguri By:NASA Goddard Photo and Video

 

前回の記事にて台風の被害を体感したのですが、その後台風がやってくるにつれその記事へちらほらアクセスがあるようになりました。

先日も台風18号(2014年10月)が直撃ということで体験した教訓を生かして買いだめしとかなきゃーと思ったんですが、買いだめよりも避難袋をチェックしたほうがいいんじゃないか?と思ったのでメモっておきます。

Photo:Typhoon Neoguri By NASA Goddard Photo and Video

台風の時に買いだめは必要か?

必要ないと思います。

前回は旅行中ということだったので、買いだめを行ったのですがその理由は外に出られなくなった時のため、1〜2日分の食料などを用意しておこうというものでした。

しかし、今回は自宅。冷蔵庫を開けると3日分の食材はあるし米もある。と、いうことは買いだめは必要なかったんです。

ガスが止まっても、鍋の時に使うガスコンロがあるから大丈夫。ボンベの予備があれば十分調理可能ですしね。

ただ、食料や水がない場合はもちろん買いだめが必要です。カップ麺や飲料水は常備品として確保しておいたほうがよいでしょう。

台風はたいてい1日も経てば暴風圏から外れるので、1日やり過ごすことができればいいのではないでしょうか?流通がストップするかもとご心配かもしれませんが、近所にコンビニやスーパーが何件かあれば必ず何か買えると思います。

実際、前回沖縄で台風直撃時に買い出し行ったのですが、スーパーの惣菜コーナーはすっからかんだったのですが、コンビニに行ったら普通にお弁当売ってましたし。

それよりも大事な避難袋

避難しなければいけない状況になったとき、買いだめした食料などよりも避難袋のほうがはるかに重要です。

となると、台風の時に備えるべきは不要な買いだめではなく避難袋ではないでしょうか??

昨今の地震の被害から、避難袋を準備しないといけないという意識は高まっていると思います。しかし、時間が経つに連れ忘れていってしまうのも事実・・・・地震なんて、いつ来るかわからないですからね〜。

であれば、1年に1回は来るであろう台風に合わせて避難袋をチェックする習慣をつけるのはいかがでしょう?

停電などの被害がなくても、直撃すればその日の生活は避難袋の中のものでやりくりする、照明は懐中電灯やろうそくなどを使うなど自主避難訓練のような形でチェックすれば実際に必要なモノやいらないものがわかるかもしれません。

1年に1回でも定期的にチェックする機会があれば非常食の賞味期限が知らない間に切れていた、なんてことも防げますし。

避難袋のチェックリストは下記が参考になるかと・・・

 

 

一から用意するのは大変なのでリュックなどの持ち運びできるものに入ったセットを購入し、足りないもの・自分に必要なものをプラスしていくというのが手間もかからずオススメです。

 - 災害対策

ad1

スポンサーリンク

ad1

スポンサーリンク

  関連記事

もしもの時のバックアップ。でも、それで大丈夫?バックアップ環境の再確認を!

あなたのバックアップは何のために取っていますか? PCが壊れてしまった時のため? …

体感して分かった!台風の時に備えるべきアイテムリスト。

  2014年10月10日追記:台風時の買いだめについて、追加で書きま …