淡路島に移住して田舎暮らし ✕ ICTでゆるゆるスローライフ

元システム管理者の備忘録

*

サイト改善はどこから行えばいいのか?そのポイントをこっそりお話します。

      2015/04/30


Photo:Pointed question By:skipnclick

 

Googleアナリティクスなどの解析ツールを入れて、さぁサイト改善だ!

と意気込んだはいいものの、データを見ると気づく改善点がいーっぱい!こんな時、どこから手をつけていいかわからなくなりますよね。

今日はサイト改善を行うときに気をつけたいポイントをご紹介します。

Photo:Pointed question By skipnclick

どのページから改善すべきか?

まずはどのページから改善するべきなのかというと、それは

セッションが多く直帰率が高いページです。

よく言われていることですが、流入が多くてもそれだけ見てくれている人を逃しているんだったらもったいないじゃん!ってことですね。

確かにそうなのですが、例えば会社のアクセスのページなんかはそのページのみで解決することが多いため直帰率が高くなる傾向があったりするので一概には言えないというのも事実です。

ただし、そうは言ってもセッションが多くて直帰率が高いページは見逃すことはできないので、改善すべきページがわからない場合はここから手を付けるのもありでしょう。

目標から逆算してみる

さて、改善するべきページは見つけました。

次に探すべきはどこを改善すべきか、優先順位を決めるということです。

例えば目標コンバージョン数が10のサイトがあり、現状は8しか達成できていなかったとします。そこで、コンバージョン数を10にするためにはどうすればいいか、アクセス解析のデータを元に逆算して目標達成に向けての施策を考えてみましょう。

セッション 直帰率 回遊数 コンバージョン率 コンバージョン数
現状 10,000 80% 2,000 0.4% 8
改善案A 12,500 80% 2,500 0.4% 10
改善案B 10,000 75% 2,500 0.4% 10
改善案C 10,000 80% 2,000 0.5% 10

改善策A:
Aはセッションを増やす、つまり流入を増やすという案ですね。流入を増やすには検索キーワードの見直し、メルマガの配信回数を増やす・内容を見直す、SNSなどへの投稿を増やす、広告を出すなどがありますね。

改善案B:
ページの直帰率を減らして、回遊数を増やそうという作戦。直帰率が高いということはそのページが「違う」と判断されたということなので、キーワードとページの内容を見直すということになります(ここに直帰率についてちょこっと書きました)

改善案C:
目標を達成したかったらコンバージョン率を上げればイイじゃない!画像を変えたり、大きさを変えたり。フォームの入力項目を見直すなどもありますね〜。

あなたなら、どこの改善に目をつけますか?

こんな例題を作っておいて、アレなんですが絶対的な答えはないと思います。

予算があり広告を出せるのなら効果測定がきっちりと出来る改善案Aでもいいですし、明らかにランディングページの内容とキーワードや広告のコピーが違っていればBでもいいと思います。
カートへのボタンの色や大きさを変えたほうがいいかもと思われるならCもありですよね。

優先順位決めるポイントの一つとして効果が大きくコストが低いものというものがありますが、ここでいうコストとは広告に出稿することはもちろん、改善にかかる労力も含まれます。

節約して最短でゴールに向かうのがベストなので、置かれている環境にあった優先順位・施策を考えてみてください。

改善はひとつずつ行う

では実際に改善を行う場合ですが、できるだけひとつずつ行うようにしてください。

改善点を全部一気にやっちゃうと何がいけないかというとうまくいったところ、うまくいかなかったところがわかりにくくなるんですね。

どの施策が効果があったのか、なかったのかというのもしっかり分析を行うとそれがノウハウとして蓄積されていきます。そうすることによって、運用しているサイトに最も適した施策をより早い段階で実行できるようになるのではないでしょうか

めんどくさいけど、ひとつづつ。やっていきましょう。

まとめ

なんか、うまく書けているか不安なのでここにまとめとして、上の文章いらなかったんじゃないかってくらい簡潔に書こうと思います。

1) まず注目すべきはセッションが多く直帰率が高いページ
2) 目標から逆算し、改善点を見つけて優先順位を決める
3) 改善は細かくひとつずつやる。

やべー!3行で終わった!

でも、これが重要だと思います。もし、改善すべき点で迷っている方の手助けになれば幸いです〜。

 - ウェブ解析

ad1

スポンサーリンク

ad1

スポンサーリンク

  関連記事

Googleアナリティクスのページ別訪問数と閲覧開始数とは?

  Googleアナリティクスには、似た用語があって度々混乱することが …

Googleアナリティクスを使うにあたり、プライバシーポリシーに明記しようねというお話。

個人情報で何やら騒がる今日このごろ。 ふと自分のサイトのプライバシーポリシーはど …

ptengine-top.jpg
Pt engineでヒートマップデビュー!WordPressへ設置してみました。

– Pt engine 最近、話題になっているPt engine。管 …

ウェブ解析士を取ろうと思ったきっかけはWebマーケッター瞳、モチベーション維持は沈黙のWebマーケティング

過去、Web制作をメインにしていたときに「ホームページは作るだけじゃダメだ!継続 …

Web担当者必見!ウェブ解析士が使っているGoogleChrome拡張機能。

う〜ん、タイトル負けしそう。 今回はウェブ解析士として僕が使っているChrome …

ga-app-pv.jpg
Androidアプリ、Googleアナリティクスのレポートの便利な使い方。

  AndroidのGoogleアナリティクスアプリには「レポート」と …

Googleアナリティクスのマイレポートを使って楽をする。設定方法を紹介します。

高機能そうで使いこなせればいいんだけど、なんだかややこしいGoogleアナリティ …

TagAssistant-error.jpg
Tag AssistantでCritical Issuesが出た際にチェックすること。

  Tag Assistant(タグアシスタント)でCritical …

restored-penalty.jpg
ついに自動ペナルティ解除か?アクセスは回復だけど本当は・・・

なんと3日ほど前からいきなりアクセス数が跳ね上がりました。これは、ついに自動ペナ …

waca-logo.gif
僕が上級ウェブ解析士を取得した理由、というよくあるタイトル。

実は、上級ウェブ解析士です。 です。そうなんです。 実は昨年の8月に、上級ウェブ …