淡路島に移住して田舎暮らし ✕ ICTでゆるゆるスローライフ

元システム管理者の備忘録

*

D5100で月の撮影と設定〜皆既月食を撮ってみた〜

      2015/01/27


月食って英語でlunar eclipseって言うんですね〜。皆既月食はtotal eclipseですって。勉強になった。

さて、昨日(2014年10月8日)は日本全国で皆既月食が見られるという天体ショーの日。
これは撮らねばと思い相棒のD5100を担いで蚊に刺されながら頑張りました。その中から数枚、ご紹介します。

皆既月食が撮れたのか?

ぶっちゃけ、うまく撮れませんでした・・・
これは、カメラのせいではなく明らかにカメラマンの技術不足。これからもっと精進します。

さて、機材の方ですがNikon D5100に三脚、レリーズです。レンズはダブルズームキットについていたAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR。

近所の公園へ撮影にいったのですが、すでに先客がちらほら。やはり天体ショーはいいですね〜!
撮影できた時間が20時を過ぎていたので完全な皆既月食は撮れずでしたが、部分食も見れたのでそれはそれでよかったかなと。

ベストショット

F値5.6 SS1/10 ISO1600

なんだか、ぼやけた感じになってしまいました。満月を撮影したときよりもブレるなぁと。。。始まりから終わりまで1時間ほどで皆既月食が終わるのですが、写真を撮っていると「あぁ、動いてるんだなぁ」と実感します。

 

アップにするとぼけています

F値5.6 SS1/10 ISO1600

トリミングを大きくしてみた例。やっぱ、ボケてる・・・・

 

部分食

F値5.6 SS0.3 ISO250

こちらは部分食の写真。左の部分、月が出てきているところが明るすぎですね〜。測光をもっと勉強せねば。もちろん、アップにするとボケてます。

 

ゴーストが写り込んだ

F値10 SS0.8 ISO400

光を取り込みすぎたのか、月の下に反ゴーストが。ブーメランみたいでこれはこれでおもしろいかなぁと。左にちっちゃく、星が写ってますね。

今回の月の撮影は不満だらけ

撮影自体は楽しかったのですが、納得のいく写真を撮ることはできませんでした。ホント技術不足・・・
撮った時の設定を記載しているのでご参考になれば幸いです。

もっとこう、クレーターがばしぃ!っと表現できるようになりたいですねぇ。。。
エントリー機のD5100じゃ限界はあるかもしれませんが、まずは限界を引き出せるように撮影技術を磨こうっと・・・

カメラのキタムラさんのHPに月の撮影のポイントが掲載してあるのしりませんでした。。。設定値全然違うなぁ・・・
皆既月食 2014/2015を観測・撮影しよう

来年のために参考にさせていただき、月の撮影にいそしむとします。

 - カメラ

ad1

スポンサーリンク

ad1

スポンサーリンク

  関連記事

僕の相棒ニコンD5100と現在の使っている単焦点レンズをご紹介します。

  3年ほど前、初めてデジタル一眼レフカメラなるものを購入しました。当 …