淡路島に移住して田舎暮らし ✕ ICTでゆるゆるスローライフ

元システム管理者の備忘録

*

無料・日本語になったGAIQを受けてみました。結果は・・・

   


試験

GAIQとはGoogleが認定している個人認定資格です。Googleアナリティクスに関する総合的な知識が試される試験となっており、前は受験費用がかかっていたのですが2014年11月にアップデートされ無料で受験できるようになりました。さらに、前はすべて英語だったのですが、全問日本語での試験となっておりかなりハードルが下がったのです。

これは受けるしかない!ということで受けてみましたが果たして・・・

photo credit: albertogp123 via photopin cc

新GAIQの受験方法

GooglePartnersプログラムへの登録

新しくなったGAIQを受けるにはまず、GooglePartnaerプログラムへ登録しなくてはなりません。

サイトを開くと広告代理店じゃないとだめな雰囲気がしますがヘルプを見てみると試験を受験する目的で申し込む場合は代理店のプロフィールの入力は不要と書いているので個人レベルでも登録ができるようです。

登録が完了しログイン後、左メニューの認定資格の中からAnalyticsを選び進んでいくと受験が可能です。

GAIQ以外にもAdwords認定資格も取得が可能となっています。とりあえず、受かったら考えよう・・・

GAIQ試験概要

今回から試験時間は90分ポッキリとなりました。前回は一時停止ができたようなのですがノンストップです。
また、一度回答すると前の問題には戻ることができません。答えの送信は慎重に。

全70問で合格基準は80%となっており、もし、不合格の場合は1週間後に再受験が可能となっています。その期間に勉強して出直して来いということですね。合格すると有効期間は18か月です。期間が来る前にもう一度受験し直さないと行けないのですが、その時は内容変わってるだろうなぁ。

ちなみに、オンラインでの試験ですので回線環境が安定している場所での受験をおすすめします。

勉強 → 受験 → 結果発表(すぐにわかります)

GAIQ試験対策勉強

試験手続きの画面の下にある「試験に備えましょう」からアクセスすると学習動画が見ることができます。動画数も多く、非常に勉強になるコンテンツ満載です。英語ができれば、ですがね。。。英語わからんわ専門用語わからんわと、てんやわんやすること間違いなしです。

なんや日本語対応って試験なんかい、結局英語いるんやん!と思いサイトないとぐるぐるしてたら、あるじゃないですか。日本語化されたGoogleアナリティクスIQ学習ガイドが!

すべてのコンテンツが訳されているわけではないうえに動画ではなく、要点が記載されているというものですがこれでも十分です!要点さえわかれば、英語はわからなくても動画にてなにを解説しているかわかるってもんです。

これから受験しようと思っている方はぜひ一度、学習ガイドを目を通しておきましょう。

僕は、ぶっつけ本番で受験しましたが。。。

受験

さて、準備が整ったら試験開始ですが画面は至ってシンプル。問題があって回答を選択するといったよくあるオンライン試験の形式です。初級ウェブ解析士の試験もこんな感じだったのでなんだか懐かしさを感じながら進めていました。
画面の下には残り時間と残り問題数が表示されています。

わからない問題があれば、調べることは可能ですが90分で70問を回答しなければいけません。ということは、1問1分ちょっとしか時間をかけられないということです。情報を探すにも、知識ゼロから調べていると時間が足りません。すべて完璧に頭に入っていなくてもある程度キーワードだけでも把握しておくことが大事と思われます。

上でも書いたとおり僕はぶっつけ本番でやってみたのですが、ブラウザのタブを切り替えて調べながらで90分いっぱいいっぱいでした。最後の方、もはやカンに近かったです。。。

結果発表

すべて回答して終了すると、すぐに結果が表示されます。

ノー勉強で臨んだ僕の結果は・・・・

77%で不合格!

おうふ・・・あと、3%て。どうせ不合格ならもっと思い切って点数不足だったほうが気が楽だったのに。。。ということで1週間後にレッツ再受験。実はこの記事公開の1週間前に受験していました。(もっと早く書けと、自分で思います。)ということは、今日が再受験の日なのですがまだ受験できないようです。なんでだー

Googleアナリティクスをお使いの方は受験してみては!?

僕が無勉強で77%までいけたので、学習ガイドに目を通しておけばすんなりといくのではないでしょうか?落ちても再受験が可能ですので肩に力を入れずに一回目はお試しな気持ちで受験するのもありだと思います。

受験料が無料で日本語対応されたとなると、受けない理由が見当たりません!Googleアナリティクスでアクセス解析を行っている方は力試しにいかがでしょうか?

 - Googleアナリティクス

ad1

スポンサーリンク

ad1

スポンサーリンク

  関連記事

view-setting.png
「すべてのウェブサイトのデータ」の名前変更する方法

Googleアナリティクスを使っていて「すべてのウェブサイトのデータ」って表示を …

Web担当者必見!ウェブ解析士が使っているGoogleChrome拡張機能。

う〜ん、タイトル負けしそう。 今回はウェブ解析士として僕が使っているChrome …

Googleアナリティクスのマイレポートを使って楽をする。設定方法を紹介します。

高機能そうで使いこなせればいいんだけど、なんだかややこしいGoogleアナリティ …

tag-master-message.jpg
タグマネージャを使っていてウェブマスターツールにて所有者確認があった場合

日課であるウェブマスターツールのチェックを行うために画面を表示するといきなり見慣 …

Googleアナリティクスを使うにあたり、プライバシーポリシーに明記しようねというお話。

個人情報で何やら騒がる今日このごろ。 ふと自分のサイトのプライバシーポリシーはど …

ga-kikan.jpg
iPhone、AndroidのGoogleアナリティクスアプリの違いを探る!

  少し前ですが2014年7月16日にGoogleがiOS向けにGoo …

TagAssistant-error.jpg
Tag AssistantでCritical Issuesが出た際にチェックすること。

  Tag Assistant(タグアシスタント)でCritical …

Googleアナリティクスのページ別訪問数と閲覧開始数とは?

  Googleアナリティクスには、似た用語があって度々混乱することが …

anti-spam.jpg
【リファラースパム対策】ノイズをGoogleアナリティクスから除外!

リファラースパムが最近ひどいです。新規ドメイン&被リンクもない実験サイトへのアク …

ga-app-pv.jpg
Androidアプリ、Googleアナリティクスのレポートの便利な使い方。

  AndroidのGoogleアナリティクスアプリには「レポート」と …